転職エージェント

転職エージェントと転職サイトの違いとは?【10の視点で解説】

 

転職エージェントと転職サイトって何が違うの?ややこしくてわからない。誰でもわかるように簡単に解説して欲しいな。

 

そんな悩みに答えます。

 

転職エージェントも転職サイトもどちらもよく聞きますよね?

 

でも、そもそも何が違うのか分からずに転職活動を進めている人は多いと思います

 

今回はそういった方の為にわかりやすく簡単に紹介します

 

✔️本記事の内容

・何が違う?比較しながら解説【10の視点からサクッと】

・転職エージェントのメリット、デメリット

・転職サイトのメリット、デメリット

 

それでは見ていきましょう。

 

何が違う?比較しながら解説【10の視点からサクッと】

 

まずはこの表をご覧ください。

 

転職エージェント 転職サイト
お手軽さ
転職活動期間
第三者視点
転職アドバイス
応募求人数
情報量
未経験へ挑戦
企業との連絡
転職成功率
入社を喜ぶ人 +1

 

詳しく解説していきます。

 

①お手軽さ|転職サイトの方がお手軽

 

転職サイトは、開始の時期や応募も日程調整もすべて基本的に一人で行うことになります

 

自分自身でタイミングを図れるので、マイペースに進めていくことが出来ます

 

転職エージェントの場合、キャリアパートナーがカウンセリングを行い、求人を紹介してもらい、打ち合わせをしながら進めていきます

 

なのでお手軽さの面では欠けてしまいます

 

②転職活動期間|転職サイトの方が融通がきく

 

転職サイトだと、転職活動の開始時期から日程の調整まで、全て自分で行うので、ある意味融通がめちゃくちゃききます。

 

転職エージェントだと、転職活動期間というのは基本的に1~2ヶ月です。

 

自分で決められるわけではないですが、キャリアパートナーに要望を伝えながら転職活動を進めていきましょう。

 

③第三者視点|転職エージェントはあなた自身を明らかにしてくれる

 

転職エージェントの場合、キャリアパートナーがついてくれるので、カウンセリングや日々のやりとりを通してあなたの強みや特性を明らかにしてくれます

 

転職サイトでは、適性診断などを自ら行うことにより、自分自身の評価を明らかにします。

 

とはいえ機械には判断しきれない人間性というものもあると僕は思っているので、実際の第三者からの評価は聞いておいた方が良いですね。

 

④転職アドバイス|転職エージェントの方がきめ細やか

 

転職エージェントを介すると、もちろん求人の紹介のサポートもしてくれますが、さらに面接対策や職務履歴書の書き方など、転職に関するありとあらゆる極意を教えてもらうことができます。

 

僕はこのエージェントのサポートをフル活用させて頂きました。

 

転職サイトの場合、自分で転職のノウハウや上手な進め方を調べていく必要があります。

 

ネット上にも有益な情報はたくさん転がっていますので、まずは調べてみて全体像を知ることもアリですね。

 

⑤応募求人数|単純な数だと転職サイト

転職サイトは、サイトに掲載されている企業だと何社でも応募することができます。

 

転職エージェントは、自分だけの為に厳選した求人を紹介してもらえます。

 

なので、単純な数だと選択肢としては転職サイトですが、厳選してもらえる転職エージェントの方がおすすめです。

 

⑥情報量|転職エージェントの方が多い

 

転職エージェントは、サイトだけでは分からないような企業の詳細情報まで教えてもらうことができます。

 

例えば、企業の配属部署の環境など。めちゃくちゃ細かいところまで教えてくれます。

 

転職サイトは、基本的にサイトに掲載されている情報などから企業を知ることになります。

 

⑦未経験へ挑戦|転職サイトの方が自由

 

転職サイトは、サイトに掲載されている企業に好きなだけ何社でも応募することができます

 

自分でなんでも決めることができるからですね。

 

転職エージェントの場合、自身の経験をキャリアパートナーの方に判断してもらいつつ、未経験求人を紹介してもらえるかどうかとなります。

 

自由度を求める方は、転職サイトですね。

 

⑧企業との連絡|転職エージェントが便利すぎる

 

転職エージェントは、キャリアパートナーと協力して活動していきます。

 

なので、その転職までの過程となる企業への応募、面接の日程、雇用の条件交渉などを行ってもらうことが出来ます。

 

転職サイトでは、企業との連絡、日程の調整まですべて自身で行う必要があります。

 

⑨転職成功率|比較すると転職エージェントの方が高い

 

転職エージェントでは、転職に関する情報、面接対策から書類の書き方まで細かく教えてもらうことが出来ます。

 

なので、必然的に転職成功率は上がります

 

転職サイトの場合、サイトに掲載されている、転職ノウハウで勝負していくこととなります。

 

⑩入社を喜ぶ人

 

無事に入社できると、あなたを応援してくれていた人はとても喜んでくれると思います。

 

新しい環境に身を置き、希望の企業に努力して入社できたあなた自身ももちろん嬉しいですよね?

 

これはエージェントを利用しようとサイトを利用しようと同じです。

 

しかしエージェントを利用した際はもう一人喜んでくれる人がいます。

 

それは転職活動開始から今までサポートしてくれた、専任のキャリアパートナーです。

 

一緒に喜びを分かち合いましょう。

 

転職エージェントのメリット、デメリット

 

それでは上記のことを踏まえた上で、まずは転職エージェントのメリット、デメリットを紹介します。

 

僕は第二新卒としての転職経験があります。

 

これは実際に僕自身で感じたことも含まれているので、初めての転職活動をされる方や第二新卒の方は特に参考になると思います。

 

✔️メリット

・求人の紹介から内定まで全てサポートしてくれる

・非公開求人を紹介してもらえる

・自分の強みや特性を客観的に明らかにしてくれる

・履歴書や職務経歴書の使い回しができる

 

✔️デメリット

・応募企業の幅を決められてしまうことがある

・担当者によってスキルに差がある

それではそれぞれの内容を見ていきましょう。

 

メリット① 求人の紹介から内定まで全てサポートしてくれる

 

自身のキャリアに関する相談から、求人の紹介、さらに必要書類の作成や面接対策、企業との交渉など全てにおいてサポートを受けることができますしかも無料です。

 

転職エージェントは採用企業から報酬として費用をもらっているので、私たちが払う必要は無いのです。

 

これだけ手厚いサービスを受けられるのに、無料って普通にすごいですよね。
やや

 

メリット② 非公開求人を紹介してもらえる

 

まず、そもそも非公開求人ってなんなの?

 

非公開求人とは、転職サイトや企業ホームページなど、インターネット上に掲載されていない、非公開の求人のことを指します。

 

転職エージェントは、この非公開求人を保有しているので、もしかすると自分では見つけられない優良な求人と出会えるかもしれませんね。
やや

 

転職エージェントによって差はありますが、この非公開求人を多数保有している場合もありますので、キャリアパートナーに相談してみるのも良いと思います。

 

メリット③ 自分の強みや特性を客観的に明らかにしてくれる

 

自己分析だけでは気づけない視点からのポイントは誰にでもあります。

 

その視点からいわゆる転職のプロ達が客観的に評価してくれるのです

 

なので自分では気づくことのできなかった、強みや特性、熱意まで感じ取って明らかになります

 

自分の経験やスキルを見てもらうことで、自分の市場価値も教えてもらえます。特に20代の方々の場合、経験面での不安はあると思うので、すぐに相談できるのは大きいですね。
やや

 

メリット④ 履歴書や職務経歴書の使い回しができる

 

転職活動において、時間が取られかなり手間なのは、履歴書や職務経歴書を会社ごとに作成して送信しなければならないことです。

 

これが転職エージェントの場合、一度作成してしまえば良いのですから非常に管理が楽です。

 

さらにその書類の作成はサポートしてもらえるのです。

 

なかなかの面倒くさがりの僕にとって、これは最高でした。
やや

 

デメリット① 応募企業の幅を決められてしまうことがある

 

転職エージェントも商売なので、求職者にとって合わないなと思う企業には、どんどんフィルターをかけていきます。

 

なので、自分の考えをしっかり伝えないと、職種の幅が狭まってしまうことがあります

 

自分の意見はしっかり持って、流され過ぎないことも大切です。
やや

 

デメリット② 担当者によってスキルに差がある

 

これはよく言われていることですが、転職エージェントの担当者ごとにスキルやノウハウが違うことから、言い方が悪いですが当たり外れがでてしまいます

 

こればかりはどうしようもありません。

 

あまりに酷いようでしたら担当者を変更することは可能です。

 

転職は、良い担当者に出会えることでもグッと成功率が上がります。
やや

 

 

転職サイトのメリット、デメリット

 

続いては、転職サイトのメリット、デメリットです。

 

同じように紹介していきます。

 

✔️メリット

・完全に自分のペースで転職活動を行うことができる

・24時間、地方の方でも利用できる

 

✔️デメリット

・自由な反面、全て自分で対応しなければならない

・転職後、ミスマッチの可能性がある

 

メリット① 完全に自分のペースで転職活動を行うことができる

 

転職サイトは、開始の時期や応募も日程調整もすべて基本的に一人で行うことになるので、自分の好きなタイミングで進めていくことができます

 

誰にも振り回されず、自らコツコツ進めていきたい人にはピッタリです。

 

今まで何に対しても一人でサクサク取り掛かってきた人には、エージェントの利用よりも楽に感じると思います。
やや

 

メリット② 24時間、地方の方でも利用できる

 

ネット環境さえあれば、24時間利用することができます

 

さらに、転職エージェントではカバーしきれない地域まで対応しているサイトがほとんどなので、実質誰でも制限なく利用できるというのが強みです。

 

普段仕事が忙しく、平日の夜や土日にしか時間が全く取れない人は転職サイトの方が使いやすいと感じるかもしれません。
やや

 

デメリット① 自由な反面、全て自分で対応しなければならない

 

メリットとして、自分の好きなタイミングで進めることができますが、それはデメリットとして表れることがあります。

 

求人探しから面接日程調整、企業との交渉など、すべて一人で行うのですが、その中でも、書類の作成や面接対策がかなりの労力を使います。

 

さらに給与などに納得が行ってない場合、直接交渉しなければなりません。

 

このように少々ハードルが高かったり、労力を使う場面が多くなってしまうのがネックです。

 

僕は転職を始めたばかりの頃、この一人で行うということに大変さを感じていました。
やや

 

デメリット② 転職後、ミスマッチの可能性がある

 

転職サイトの募集要項には、当たり前ですが良いことしか書いていません

 

あえてマイナスイメージを持たせることは書かないですからね。

 

なので、いざ入社してみると「なんか違うな、、」とミスマッチが起きてしまう可能性は多くなります

 

募集要項だけでなく、その企業の評判や内情、部署ごとの特性までしっかりと下調べする必要があります。様々な角度からその企業を見るだけで、かなりミスマッチは防ぐことが出来ます。
やや

 

まとめ:転職が初めての方は、併用するのがオススメ!

 

今回は、転職エージェントと転職サイトの違いを解説してきました。

 

出来るだけ要点を洗い出したのでなんとなくでも理解できたのではないでしょうか。

 

本記事の内容をまとめます。

  • 転職サイトは自分自身で全て行うことができる
  • 転職エージェントには手厚いサポートがある
  • どちらかといえばエージェントがオススメ

 

転職サイトとエージェント、それぞれに良い点があります。

 

しかし、どちらかを転職が初めての方にオススメするとしたら、転職エージェントです。

 

転職が初めての方の場合、知識量の少なさもそうですが、作業量も多くなってしまうので、転職エージェントと協力して進めることをおすすめします

 

ただ、最も良いのは転職サイトとエージェントの併用です。

 

お互いのデメリットを無くすことができるので、もっと自身の満足いくような転職活動を行っていくことができます。

 

その分管理も多少難しくはなりますが、併用のメリットの方が大きいです。

 

結論、転職サイトと転職エージェント、どちらも登録しておくことをおすすめします

 

この記事を読み終わったら、早速登録していきましょう!

-転職エージェント

© 2021 Webコンパス Powered by AFFINGER5