転職ノウハウ

第二新卒の転職でよくある失敗例【なぜ受からない?】

第二新卒の転職でよくある失敗例
全然転職活動がうまくいかないよ。第二新卒だから失敗するのかな。

 

これから第二新卒として転職活動をするから、先に失敗例を見て対策しておきたいな。

 

このように、今まさに第二新卒としての転職に苦労している人や、失敗例を先に見て対策を練りたい人は必見です。

 

✔️本記事の内容

・第二新卒の転職でよくある失敗例【代表的な5つを紹介します】

・「第二新卒歓迎」にある落とし穴【しっかり確認しましょう】

・第二新卒として転職を成功させるためには?【必見です】

 

第二新卒としての転職を成功させるためのポイントも詳しく解説しています。

 

この記事を読み終わってからすぐに実行できるものばかりなので、しっかり押さえましょう。

 

それでは見ていきましょう。

 

第二新卒の転職でよくある失敗例【代表的な5つを紹介します】

 

まずは第二新卒としての転職で、これだけはやってはいけない失敗例を紹介していきます。

 

第二新卒の方の大抵は初めての転職活動になると思います。

 

転職活動の経験もなければ、第二新卒者という特殊な立ち位置のせいで難しく感じると思います。

 

それは、今から挙げる失敗例に当てはまることが多いからでは無いでしょうか?

 

今現在転職活動を進めている人もこれからの人も、しっかりとこの失敗例を確認し、転職活動に生かすことが出来る様にしましょう。

 

① 前向きでは無い、ネガティブな理由での転職

 

転職を考えるということは、人間関係が上手くいかない、会社の待遇が良くないなどのネガティブな理由によるものは多いでしょう。

 

しかし、この不満を解消するためだけの転職では失敗する可能性が高いです。

 

仮に転職できたとしても、実はどこの会社も同じ状態だったり、またすぐに不満点を見つけてしまい再度転職するなどの傾向があります。

 

こうしたネガティブな理由ではなく、自分のやりたいことのために転職するといったポジティブな目的を持って進めましょう。

 

② 転職先が決まってないのに、会社を退職してしまう

 

転職先が決まっていないのに、先に会社を退職してしまうことはNGです。

 

金銭的な余裕が無くなり、精神的にも追い詰められてしまいます。

 

そうして心にも余裕が無くなり、焦った判断をしてしまい、結果として望まない転職をしてしまうリスクが増えます。

 

やりたい仕事でなかったり、前よりも給与や待遇が悪化していたなどですね。

 

第二新卒としての時間は、一般的に卒業から3年と言われています。

 

ある程度の期間は設けられているといえど、焦る必要はありません。

 

じっくりと企業について調べ、進めていくことが大切です。

 

③ 志望動機と今後のキャリアについて、一貫性がない

 

転職活動を進めている方はわかると思いますが、中途採用の面接の場合、今後のキャリアプランについて聞かれることが多いです。

 

なので第二新卒としての転職活動でも、しっかりと今後自分はどのようなキャリアを進んで行きたいのかを考えてから望むようにしましょう。

 

そのキャリアプランと会社の業務内容が離れすぎていたり、志望動機との一貫性が無い場合、「この人はあまり何も考えていない人なんだな」とマイナスなイメージを持たれてしまう場合があります。

 

④ 新卒の時と同様の感覚で挑んでしまっている

 

第二新卒と新卒では、当たり前ですが採用担当者から見られるポイントは違います。

 

なので、二度目の就活だといって、新卒と同じ気持ちで挑むと失敗してしまう可能性があります

 

新卒の時よりもさらに具体的に掘り下げ、業界研究や自己分析をしっかりと行いましょう。

 

転職理由や退職理由の内容もほぼほぼ聞かれるので準備が必要です。

 

⑤ 職務経歴書が企業に応じて書けていない

 

職務経歴は変化するものでは無いので、そのまま使いまわしている人は多いと思います。

 

しかし、その作成した職務経歴書で書類審査に受からない場合はもう一度見直すことをお勧めします。

 

要は、応募する企業に応じて自分のアピールポイントや強調したい部分を工夫すると言うことですね。

 

「第二新卒歓迎」にある落とし穴【しっかり確認しましょう】

 

続いて、第二新卒歓迎に潜む落とし穴を紹介します。

 

第二新卒歓迎の求人の実態をしっかり確認しよう

 

企業は、基本的に新卒の採用を重視します。

 

自然と第二新卒の枠というのは狭くなり、入社の難易度も上がるものです。

 

つまり、第二新卒歓迎を積極的に行っている企業というのは、離職者がとても多く人材がただただ欲しかったり、何らかの理由で新卒者が集まらないなどの理由がある場合もあります。(もちろん大体の企業はこうではありませんが)

 

事前にしっかりとその企業について調べ、考えてみましょう。

 

サイトの情報のみで分からない場合は、エージェントを利用してプロの目線でのアドバイスをもらうのも一つの案ですね。

 

早期決断により、失敗する!?

 

企業サイドも人材不足のために、第二新卒の積極的な採用を行っているところも多いです。

 

なので第二新卒者としては、早め早めの転職を行いたい気持ちはあると思います。

 

僕もそうでした。

 

しかし、あまり深く考えずに自分の理想と合っているからといって転職先をきめてしまい、結果として「やりたいことではなかった」「思っていた待遇と違う」などの企業とのミスマッチも起きやすくなります。

 

転職してすぐの転職となると、かなりのマイナスイメージを持たれがちです。

 

そうならない為にも、今後のキャリアまでしっかり捉え、長く働き続けることのできる会社というものを自分の中で見つけましょう。

 

第二新卒として転職を成功させるためには?【必見です】

 

ここまで、失敗例などのマイナスな部分を紹介してきました。

 

中にはもう第二新卒で転職なんてできる気がしないと思った方もいるかもしれません。

 

しかし心配はいりません。

 

今から紹介する、第二新卒としての転職を成功させるポイントを押さえましょう。

 

それまで何も知らなかった自分と圧倒的な差をつけることが出来ます。

 

それでは見ていきましょう。

 

① 自分と企業、双方の希望の把握

 

第二新卒の転職において、価値観のマッチ度はスキルよりも評価の対象となることが多いです。

 

相手も人間なので、似たような価値観を持っている人と一緒に働きたいですもんね。

 

なので、自分が入りたいと思っている企業と自分のアピールポイントがマッチする箇所を探しましょう。

 

そしてそれをしっかりと相手に伝えられる様にまとめて頭に入れておきましょう。

 

② 職務経歴書はオリジナル要素を絶対に入れる

 

職務経歴書や履歴書というのは、自分を知ってもらうための大切な書類です。

 

転職サイトや、本などを見てマニュアル通りに書いていると思います。

 

しかしあまりにもそのままで似通っていると、「自分」がアピール出来ません。

 

過去の経験や自分にはどのようなスキルがあるのかを明確にし、どう活かして貢献できるのかを記載しましょう。

 

私自身、職務経歴書などの書類はテンプレをよく利用してささっと済ませていました。しかし、自分にしか無いオリジナリティを結構しっかりめに記載することで、書類の通過率は完全に変わりました。ここは時間をかけるのがミソですね。

 

③ 期限をある程度定め、転職活動を行う

 

これは就活で経験しているかもしれませんが、どこで終わらせるべきかの判断に迷いがちです。

 

内定が出た瞬間終わる人もいれば、辞退してまでもっと良い条件の企業を探す人もいます。

 

これは転職活動においても全く同じです。

 

長引くほどに、後悔したり無駄な比較をしてしまったり、自分の中の軸や考え方がぶれたりと、あまり良いことはありません。

 

自分の中で期限もしくは条件などを定め、できるだけダラダラと長引くことのないようにしましょう。

 

④ 優先順位を明確にする

 

自分が職場に求める条件などの優先順位を決めましょう。

 

「給料が良ければ良いのか」「人間関係を重視するのか」「福利厚生の充実さを求めるのか」何を主軸として考えるかは人によって変わります。

 

しっかりと自己分析をし、企業選びの優先順位を明確にしましょう。

 

ちなみに僕は、"やりたい事ができる環境"を主軸として転職活動をしていました。その中でももちろん待遇が良いほど嬉しいですが、ノースキルだとなかなか難しいですよね。ある程度の妥協も必要です。

 

⑤ ポジティブな転職理由を考える

 

これは失敗例でも話した、ネガティブな理由はNGの逆ですね。

 

つらいから辞めたなどのネガティブさより、ポジティブな理由を考える事で、採用担当者にもプラスに捉えてもらう事ができます。

 

転職理由も人それぞれなのでネガティブな理由での転職はあると思います。

 

しかしそれをポジティブに言い回すこともできるはずです。

 

新たなチャレンジをしたかったなど、嘘のない範囲で上手に言い換えましょう。

 

印象はかなり変わります。

 

⑥ アピールポイントはしっかり伝える

 

自身がどれだけすごい経歴を持っていたとしても、またどれだけ学習意欲が高かろうと、それが面接官や採用担当者に伝わらなければ意味はありません。

 

当たり前のことに思えるかもしれませんが、これが重要なのです。

 

なので、自分自身をしっかり見つめ直し、自分を上手くプレゼンできるように準備しましょう。

 

転職エージェントの中には自分が伝え切れていない、伝え忘れてしまったことを面接終了後に代理で伝えてくれるサービスもあります。是非利用してみてください。もちろん無料です。

 

まとめ:成功するポイントを踏まえ、転職を成功させよう!

 

いかがでしたか?

 

本記事の内容をまとめます。

 

  • ネガティブ理由はポジティブ理由に変更
  • 自分自身のことをさらに知り、求めるものを明確化
  • 企業とのマッチ度が第二転職においては重要
  • 職務経歴書は時間をかけて細かく丁寧に
  • アピールできる点はもらさずアピールできるよう準備

 

こんなところですね。

 

この記事を読んでくれた方は、何も知らない状態だった前の自分よりもはるかに有利だと思います。

 

転職成功のポイントも今すぐ実践できるものばかりです。

 

第二新卒としての転職を成功させるために早速一つずつ取り掛かっていきましょう!

 

最後に、エージェントに興味のある方は各エージェントサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。オススメです。

-転職ノウハウ

© 2021 Webコンパス Powered by AFFINGER5