ブログ

【2020年版】たった5記事でGoogleアドセンスの審査に合格するコツ

 

Googleアドセンスの審査に合格するには具体的に何をすればいいの?実際に合格した人の対策やコツを知りたい!

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている人

この「Webコンパス」を副業ブログとして運営しているややです。

初心者の方に寄り添い、誰でも理解できるサイトを目指しています。

 

僕はブログを開設してから、たった5記事でGoogleアドセンスに一発合格しました。

 

そんな僕がアドセンスに合格するために行った、作業やコツ、さらにその当時のデータも紹介します。

 

実際に合格した人のブログと自分のブログを比較して何が足りていないかを分析しましょう。あとはその不足を補うだけで、合格する可能性はアップです!
やや

 

本記事の内容

  1. Googleアドセンスの審査基準とは?
  2. Googleアドセンス合格のために僕が実際にやったこと
  3. Googleアドセンスに落ちてしまう条件は?

 

それでは見ていきましょう。

 

Googleアドセンスの審査基準とは?

Googleアドセンスの審査基準とは?

 

Googleはアドセンスの審査基準に関して明記していません。

 

明記されていないだけで、もちろん一定の基準はあるとされています。
やや

 

まずはその一定の基準とされているものを大雑把に紹介します。

 

アドセンスの審査基準とされているもの

  1. 記事数は10〜20記事程度
  2. 文字数は2000〜3000文字程度
  3. 独自性のあるサイトか
  4. ユーザーの悩みや疑問を解決しているか
  5. 規約の違反がないか

 

上記をクリアしているようなサイトは、合格しやすいと言われています。

 

ココに注意

あくまで仮説なので、もちろん100%ではなく、絶対に合格するわけではありません

 

僕はたった5記事でも審査を通過できたので、本当の審査基準は誰にもわかりません。。
やや

 

それでは、実際に何を工夫したのか、合格当時どのような状態だったのかを紹介します。

 

Googleアドセンス合格のために僕が実際にやったこと

 

僕は出来るだけ早く審査に通過したかったので、色々調べて工夫していました。

 

具体的にご紹介していきます。

 

アドセンス合格のために僕がやったこと

  1. サイトデザインを綺麗に
  2. ジャンルを絞る
  3. 一記事あたりの文字数を意識
  4. 更新頻度を高めに保つ
  5. お問い合わせフォームの設置
  6. プライバシーポリシーの設置
  7. ユーザーファーストを意識

 

それでは一つ目から順に解説します。

 

合格のためにやったこと①サイトデザインを綺麗に

 

僕はまずサイトのデザインを整えることにしました。

 

WordPressにはたくさんの「テーマ」がありますが、その中でも有料の「AFFINGER5」を購入し、設定しました。

 

有料テーマはカスタマイズの融通がきき、理想のデザインにすることができます。

 

最初は有料テーマを買うのにめちゃくちゃ迷いました。思い切って買ってみましたが大満足です。
やや

 

ポイント

後になって有料テーマに興味を持ち、変更すると、修復作業が大変だそうです。

真剣にブログを運営して行くつもりの方は早めの購入が良いです!

 

合格のためにやったこと②ジャンルを絞る

 

サイトに一貫性を持たせるために、3つのジャンルに絞った特化ブログにしました。

 

記事に統一性がないとGoogleアドセンスの審査には通過しにくくなります。

 

たくさんのジャンルについて書いている方は、まずはある程度絞ってみましょう。

 

日常を綴る雑記ブログとかだと難しいイメージですね。
やや

 

合格のためにやったこと③一記事あたりの文字数を意識

 

僕の合格当時の記事の文字数です。

 

1記事目:4098文字

2記事目:4303文字

3記事目:2046文字

4記事目:4388文字

5記事目:3418文字

 

平均すると約3600文字となり、結構多い方かなと思います。

 

自身のサイトと見比べて参考にしてみてください。

 

ポイント

ただ、記事数は基準とされている10〜15よりも大幅に少ないので、僕自身の見解としては、それほど重要項目ではないのかもしれません。

 

合格のためにやったこと④更新頻度を高めに保つ

 

更新頻度が高くし、アクティブユーザーだと思われるように意識していました。

 

だいたい3日に1記事くらいのペースだったと思います。

 

アドセンス申請を考えている方は更新頻度もチェックしてみてください。

 

始めたばかりだと1記事書くだけで大変ですが、自分のペースでコンスタントに書いていくことが大切ですね。
やや

 

合格のためにやったこと⑤お問い合わせフォームの設置

 

今、お問い合わせフォームを設置していない方は今すぐ設置しましょう。

 

ブログの信頼度に関する項目なので、設置しておいて損は無いです。

 

面倒くさいなあと思うかもしれませんが、プラグインを使えば一瞬です。
やや

 

合格のためにやったこと⑥プライバシーポリシーの設置

 

こちらも設置していない方は今すぐ設置しましょう。

 

お問い合わせフォームと同じく、ブログの信頼度に関する項目なので重要です。

 

ポイント

お問い合わせフォームプライバシーポリシーは、Googleアドセンス合格のためには記載が当たり前とされているくらいです。これを設置するだけで審査を通過するようになった方も多数います。

 

合格のためにやったこと⑦ユーザーファーストを意識

 

ユーザーを1番に考える。これが真理だと思います。

 

ここでGoogleの掲げる10の事実を紹介します。

 

これはGoogleが何を最も大切にしているかを表す項目です。

 

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

 

見てもらえるとわかるように、最も大切だと考えられているのは「ユーザー」なのです。

 

つまりユーザーのことをしっかり考えられているようなサイトはGoogleからの評価も高いということになります。
やや

 

ポイント

具体的にこれをすれば良いという正解はありませんが、読者目線の有益なコンテンツを作成するように心がける事が重要です

 

Googleアドセンスに落ちてしまう条件は?

 

Googleアドセンスの審査に何度も落ちてしまう方もいてます。

 

以下の禁止条件に当てはまってしまっているかもしれません。

 

一度チェックしてみましょう。

 

・違法なコンテンツ

違法行為を助長するコンテンツ

・知的財産権の侵害

著作権の侵害、偽造品の販売または販売促進を目的とするコンテンツ

・絶滅危惧種

絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツ

・危険または中傷的なコンテンツ

組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ

・不正行為を助長する商品やサービス

不正アクセスを可能にする手順、機材、ソフトウェアをユーザーに提供している

・不適切な表示に関連するコンテンツ

不適切な表示や虚偽表示、適切な情報の隠蔽をしている

・悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

パソコン、ネットワークへの損害や不正アクセスを引き起こす恐れのある不正なソフトウェアを含むコンテンツ

・露骨な性的描写を含むコンテンツ

性的なテキスト、画像、音声、動画、ゲームを含むコンテンツ

・国際結婚の斡旋

外国人との結婚を促進するコンテンツ

引用:Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

 

何度も落ちてしまう方は自身のサイトを見直してみましょう。

 

申請する前もした後も常に気をつけておこう
やや

 

注意ポイント

育児ブログなどで赤ちゃんの裸の画像などが禁止条件に引っかかってしまうことがあるので、疑わしきものは一旦下書きに入れて様子を見るのが良いです

 

Googleアドセンスに落ちてしまい、

「1.価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない」

上記のような通知がきた方もいてると思います。

 

無料テーマで6桁の収入をあげている、夫婦ブロガーのハチさん(@chilltimeBlog_8)が分かりやすく解説してくださっているので、こちらをご覧ください。

 

まとめ:Googleアドセンスの審査を通過して収益化しよう

 

本記事では、僕がたった5記事でGoogleアドセンスに合格した際にやっていたことを紹介しました。

 

アドセンス合格のために僕がやったこと

  1. サイトデザインを綺麗に
  2. ジャンルを絞る
  3. 一記事あたりの文字数を意識
  4. 更新頻度を高めに保つ
  5. お問い合わせフォームの設置
  6. プライバシーポリシーの設置
  7. ユーザーファーストを意識

 

僕がアドセンスに合格した方々のサイトをみて感じたのは、やはりユーザーファーストであるという点です。

 

読者目線の有益なコンテンツ(デザインも)を作成していくことがGoogleアドセンスに合格するための基礎なのではないでしょうか。

 

とはいえ、推奨されているものが抜けていてもダメですね。

 

上記の項目をもう一度自身のサイトと見比べて不足がないか確認しましょう。

 

完璧にできているのであれば、合格する日もそう遠く無いと思います。
やや

 

Googleアドセンスに合格して、収益化を目指しましょう。

 

 

 

-ブログ

© 2021 Webコンパス Powered by AFFINGER5